廣重毅会長 紹介
国内加盟道場
極真拳武會大会情報ブログ
大山倍達総裁 Masutatsu Oyama
1923年6月4日生まれ。
多くの武道家と交流し、また世界各国を巡りさまざまな格闘技を研究、空手の指導を行い、直接打撃制の空手(極真空手-フルコンタクト空手)の創始者である。

15歳で船越義珍先生の門下生となり、その後、拓殖大学、早稲田大学で学ぶ。
1948年4月より清澄山にて1年8ヵ月の山籠り修行を敢行。
1952年(昭和27年)にプロ柔道の遠藤幸吉四段と渡米、1年間ほど滞在して全米各地で空手のデモンストレーションを行いながら、プロレスラーやプロボクサーと対決。
帰国後、牛を素手で倒し(合計47頭、うち4頭は即死)、その映像は映画『猛牛と戦う空手』1954年(昭和29年)として公開された。
池袋のバレエスタジオ跡の大山道場を経て、1964年(昭和39年)国際空手道連盟極真会館を設立し、数々の名だたる弟子・名選手を輩出している。
多くのフルコンタクト系各流派を生み出す元ともなり、1975年には第1回全世界空手道選手権大会を開催して、全世界が極真空手ブームとなった。
1994年4月26日急逝。享年70歳。