廣重毅会長 紹介
国内加盟道場
極真拳武會大会情報ブログ
廣重 毅 会長 Tsuyoshi Hiroshige
極真武道空手連盟 極真拳武會 
会長 廣重 毅 八段

福岡県北九州市に生れる。幼い頃から精神的な世界に目覚め、その延長として武道を志すようになる。
高校時代はハンドボール選手として活躍。1966年本田技研入社。 その後大山倍達総裁の内弟子になるまで3社でサラリーマン生活を送り、アルジェリアへの海外勤務も経験する。
1973年6月、25歳で極真会館総本部入門。その後、総本部内弟子となる。
28歳で全日本初出場遅いデビューながら、第9回大会から11大会まで3年連続の入賞を果たし、世界大会へも出場。
城南支部長となってからは、独自の理論に基づく稽古法と生徒の個性を伸ばす指導法で3人の世界チャンピオンと10人もの全日本チャンピオン、全日本ウェイト制チャンピオンを育てたことで、極真史上に残る名指導者として、名を馳せている。
平成15年より極真空手道連盟 極真館の副館長に就任後、組織の方向性の違いから2017年2月新たに極真武道空手連盟 極真拳武會を設立。